七つの海を渡って

落ち込むことがあっても、前向きにエネルギッシュに生きていきたいものです。そして、それを世の中の多くの人たちに伝播していければ…そんな思いを込めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

動物愛護法改正から見える、日本のアンバランス


今年(2012年)の7月と8月に大きな地震が来るそうです。
残念ながら、私の住んでいる関東圏はどうにもその影響を免れることはできないそうです。
と、あるスピリチュアルな方が言っていました。

しかし、この予言的な話題は今やあちこちからあがっています。

要するに、311で宇宙が日本人に変容を求めるシグナルを出したのに、日本人は変わらなかった。なので、次回はシグナルをもっと大きくする、ということのようです。
つまり揺れなり被害なりが大きくなる災害になってしまうという解釈のようです。

先日、私の知人が「つくばで起こった竜巻も日本人が変わらなかったことに対する警告だと思う」と言っていました。

ここに来て、公私共に人々の思考に対して疑問を感じる出来事、ニュースが頻発しています。

福島はちっとも落ち着いていないし、相変わらず4号機は次に大きな地震がきたら、どうなるかわからない。(現場で働く作業員の方々のおかげで今の私たちがあるのです。)4号機に何かあったら、福島どころか、東京も避難区域になるといってるその最中、福井の大飯原発の再稼働を強行する動き、311の災害に便乗して消費税率をあげて一般市民から搾取しようとする政治家や官僚。減らない天下り。今のこの時期に給与を上げるという東電。

さらに今日知ったこのニュース。
動物愛護法改正案で動物実験に関する項目がごっそりスルーされたそうです。

日本人は命の大切さを忘れてしまったかのように、弱いものを守る法案を片っ端から骨抜きにしています。
そして、311からほんの1年しか経っていない今、この勢いは衰えるどころか、むしろ加速しているようにも思えるのです。

だから大天災が起こるっていう話につながるわけ?それって極端なんじゃないの?

という声もあるでしょう。

そうかもしれませんね。でも、この宇宙はみんな繋がっているのです。弱肉強食は自然界の理ですが、今、私たちが行っていることは、自然界のルールからすれば、違法者です。自然に対する思いやりや配慮が足りなさすぎるのではないでしょうか。



動物愛護法改正で「欧州並み」規制なるか
http://medical-confidential.com/confidential/2012/06/post-410.html

濃霧垂れ込める「動物愛護管理法」改正の帰着点
http://medical-confidential.com/confidential/2011/09/post-291.html


<動物愛護団体 ALIVE より>

 既に報道もされている通り、5月31日の民主党動物愛護対策ワーキングチームで、最終的な動物愛護法改正案骨子が公開され、その場で了承となりました。

結論として、与党案には実験動物に係わる改正は一切含まれませんでした。
別法化案についても採用されないかわりに、動物実験の3Rの義務化も含めた全てが入らないことになりました。

この信じがたい展開の経緯については、本日発売の「AERA」6.11号に「削除された『幻の改正案』~医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗」
という記事が出ましたので、皆様、是非ごらんください。

一連の顛末について、非常に正確に書かれた秀逸な記事だと思います。
「AERA」のサイトの「Nice!ボタン」で記事に対する評価を表明することができるので、皆様、ぜひワンクリックをお願いします。
http://www.aera-net.jp/latest/

また、多くのマスメディアが無視を決め込むこの問題について、記事を掲載した「AERA」の姿勢を支持する意見も是非お送りください。
http://www.aera-net.jp/latest/#form

ちなみに、この記事で紹介されている医系議員の発言の数々です。

「正気の沙汰とは思えない。国家戦略を阻害し、雇用も減る。
テロリストが施設の構造などの情報を手にすれば大変なことになる。」
(吉田統彦衆院議員)

「実験動物の関係者からは、懸念が出ている。別法で対処して
ほしいという声も理解してくれないか」
(岡本充功衆院議員)

「『動物実験』と『実験動物』とを明確に分けることはできない。
実験が止まってしまう。」
(足立信也衆院議員)

また、動物愛護法改正については、医師などを中心とした病院経営者向けの月刊誌『集中』でもとりあげられました。
医師の世界でも、潮流が変わっていくことを願ってやみません。

「動物愛護法改正で『欧州並み』規制なるか」(6月1日発売号)
http://medical-confidential.com/confidential/2012/06/post-410.html

動物愛護法改正案は、今週、WTの親会である環境部門会議での合意を経たのち、政策調査会役員会の了承を経て法案登録の手続きに入ります。
また、条文化をすすめながら与野党協議にも入っていくとのことです。

実験動物については、国会会期末をにらんたスケジュールにも押された形となりましたが、与党内の「抵抗勢力」が強かったことが
「改正一切なし」となった何よりの原因です。

動物実験/実験動物をめぐる国際情勢を考えたときにも、「一切改正なし」とすることが先進国としてどれだけ恥ずかしいか、
ぜひ皆様からも伝えてください。

【民主党】

櫻井 充
医師 党政調会長代理(参議院・宮城県)
Mail:mitsuru_sakurai@sangiin.go.jp
Fax:03-6551-0512

三井辨雄
薬剤師 党政調会長代理(衆議院・北海道2区)
Mail(送信フォーム):https://secure.vanguard.ne.jp/mitsui/ssl/contact.html
Fax:03-3508-3705

吉田統彦
医師 科学技術・イノベーション推進特別委員会理事(衆議院・比例東海ブロック)
Mail:info@yoshitsune-kai.jp
Fax:03-3508-3425

スポンサーサイト
魂の成長 | コメント:2 | トラックバック:1 |

「日出る国の民たちへのメッセージ 」

今日、友達からこんなメールを受け取りました。
これを読んで、あなたはどう感じますか?
私は一種の覚悟を感じる、とても力強く、しかし、温かい視線も同時に持ち合わせた、そんな存在からのメッセージに感じられました。



「日出る国の民たちへのメッセージ 」



日本よ 日本の民よ
日出る国の民たちよ

地震多き 原発多き 島国にて
まるで龍神の背の上で暮らすかのごとき
暮らしを選んだ勇気ある民たちよ

見たこともない すさまじき 未曾有の試練を
意識もしない魂の底で
実は受け入れていたあなたたちよ
あなたたちの 誇り高さを称えます

大変な犠牲もありましたが 
その者たちも 瞬時に光となり
さらなる被害を食い止めようと全力で働いています

まだ肉体ある あなたたちが
そんなことで どうするのです

恐怖の連鎖に飲み込まれてはなりません
怖れや不安や緊張やパニックに便乗してはなりません

あなたたちは なんのために
今まで長い時間をかけて自分のことを癒して来たのですか

沢山の内なる浄化を続けてきたのですか
なんのために眠れる力を目覚めさせてきたのですか
沢山の人に助けられて来たのですか
集団の祈りの力を 信じれるようになってきていたのですか

今 
今のためであった
それを感じるでしょう

不吉な予言の奥を見なさい
そうならないようにするために予言はある

今こそ
祈りなさい
歌いなさい
手をとりなさい
力をあわせなさい

政治的な大事な決断する人の意識に届くように
ガレキの奥で助けを求めてる人を 
誰かが偶然のごとく見えない力に導かれて見つけ出すように
原子炉がなんとかもちこたえるように
風向きが最も被害少なき方向へ流れるように
救助しやすき天気になるように

地震前のあなたたちの俗っぽい悩み
全て ぶっとんだであろう
いつもと変わらぬ毎日 
全て くつがえったであろう

政治批判をしてきた者よ
衣食住が今まであっただけでも なんとありがたき政策か
電気のありがたさ
ガスのありがたさ
水のありがたさ
屋根ある家のありがたさ
身に染みたであろうぞ

今 体調が悪い者よ
誇りなさい
あなたたちは自分の身体を使い
被害の何兆分の一かでも
身をていして
引き受ける勇敢な者たちなり

たった一日で
全員が真実をみたな
そう
ほんとうに大事なのは 
生きること 
できれば大事な人たちと
できれば少しでも多くの人たちと
生きて笑えること 笑いあえること それだけだな

連絡が滞ってた人に連絡をしたであろう
大嫌いだった人の安否も気になったであろう
そう あなたたちは 愛のかたまり
いつだって ほんとは そうであった

思い出して 
あなたたちは
自殺したい時であろうが
誰かを殺したい時であろうが
いつだって
愛そのものであったことを

日出る国の民よ
あなたたちは集団覚醒した
それぞれが
微力であろうとも
それが重なり合えば
まばゆき光となりき
強大な熱を持ち
エネルギーとなり絶大なるパワーを放つ

届かせよ
できるだけ遠くまで
祈れよ
感じるままに

最大の窮地
それぞれが
それぞれに
限界だと思う もうちょっとだけ先まで
どうか持ちこたえよ

今こそ あなたたちが望んだ世界がはじまるのだ
見届けよ
最後の一人となろうとも

大和魂 復活の時きたれり
一人でも多くの手をとれ
サポート多きあることを 
信じなさい

われわれも
共にゆかん
天岩戸は開かれた

日本よ
日本の民よ
日出る国の民たちよ

世界を照らす
地球を照らす 
太陽となれ
魂の成長 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2011年が始まりました。

あけましておめでとうございます。

2011年が始まった。
始まって早々というか、年末から、風邪をひいた。
実は、私は健康が取り得!というくらい、健康自慢をしていたので、自分でもビックリした。
風邪ひいたのなんて、何年振り???
理由は単純。年末、実家に帰って感情を使いまくったのだ。
エソテリック・ティーチングでは、私たちは毎日「マインド」と呼ばれるエネルギーのようなものを大天使たちから作ってもらっている。それを100%上手に使うことができれば、とても生産的で素晴らしいんだけど、私たちは怒ったり、悲しんだり、卑下したり、憎んだり……と様々な「負」の感情にも使ってしまう。そのため、マインドがググッと減ってしまい、体調をキープすべき量を下回ってしまって、結果、体調を崩す。
今回、実家に帰った直後にアッサリ風邪をひいたことで、普段、自分は比較的、精神的にも大人だ、と思っていたが、そんなことが幻だったことが判明してしまった。毎日、家族の前では、日頃使わないような感情が噴出して、自分でも自己嫌悪の連続だった。

もともと、私には「怒」という感情が強い。
世の中に怒ったり、政治に怒ったり、態度の悪い人に怒り……。
この調子じゃあ、周りからも、「実は怖い人」と思われているのかもしれないなぁ。
でも、何かの本で「怒る」という感情もあっていいのだと読んだ。
なぜならば、怒ることもエネルギーで、エネルギーを発すること自体が素晴らしいことだ、と。(自己防衛ではないけれど…)
だけど、怒りのエネルギーを昇華させて、それをクリエイティブなエネルギーにすることができる。というようなことまで書いてあって、ビックリした。
怒りのエネルギーをポジティブなものに変換できれば、こんなに良い「負のエネルギー」の利用の仕方はないでしょう。
考え方としては、怒りのエネルギーをチャクラを通して上の方に持っていくのらしいが、まだやり方はよくわからない。(誰か正しい方法を知っている方がいれば、教えてください。)

そこで、今年の目標を思いついた。
「怒」のエネルギーなど負(一見「負」だとみなされている)のエネルギーをクリエイティブなエネルギーに変換できるようになること!そうは簡単にできないとしても、少なくとも、頑張ってそうなるように努力すること。
(よし!)

これが2011年の目標です。アセンションを迎える直前の年の目標として、今年はコレを頑張りマス。

魂の成長 | コメント:0 | トラックバック:0 |

繋がるってどういうこと?

友人が亡くなって、ちょうど一ヶ月目の日は、雨だった。
寒い日で、それは、一ヶ月前と同じようなお天気だった。
時間の感覚とは不思議なものだ。
もう一ヶ月。でも、もっとずっと月日が経ったような気もする。

真理の探究の仲間であった彼女だったので、周りには真理の探究者がたくさんいる。
そのうちの数人から、夢にに彼女が出てきて、とても元気そうにしていたと教えてくれた。
その人たちはほぼ同じ時に彼女に会っていて、みんな同じような印象を受けたそうだ。
苦行を卒業し、ピュアな魂になって、とても穏やかな表情だった、と。
よかった。。。
今ごろ、あっちで何をしているのかしら。
次のミッションにすでにとりかかっているのかしら。

私は相変わらず、彼女から励ましのメッセージを受け取り続けている。
先日は、私が勉強している環境分野の本を読んでいたら、彼女が執筆者の一人だったということが奥付でわかって泣けてきた。彼女はこんなに頑張って仕事をして、地球を良くしようと、宇宙のバランスをよくしようと、力を注いでいたんだなぁと思って。

今、地球って私たちに信号をバンバン送っている。
「このままじゃ崩壊するよ」って。
でも、そのことに気付いている人はまだまだ少ない。
最近まで私もそうだった。
「地球の環境破壊は確かにそうかもしれないけど、でも、だからって一体私に何ができるの?私にはできることしかできないんだから、今のままの生活で幸せを追及するわ」と思っていた。
正直言って、気付いてはいても、問題が大きすぎて、どう処理していいのかわからなかったのだ。

あることがきっかけで、その深刻さに気付かされ、環境問題について真剣に考えるようになった。
今は、その問題を、できるところから着手しようと、動いている。
具体的には、組織を立ち上げ、その組織で環境改善に向けて技術を提供できる人、情報を発信できる人、政治を動かせる人、教育をできる人、知識を共有できる人、などを巻き込んだ国際的なプラットフォーム作りをするのだ。
つまり、その道のエキスパートを集め、具体的なプロジェクトをすすめていくのだ。
(豪語する割には、あいまいな表現だな~~)
100%できたらそれはそれは素晴らしい結果が見れることだろう。
全員を満足させることなんてできないから、70%でもできれば十分合格だ。

対峙する問題が大きすぎやしないか、利害関係の問題から反発をくらうのではないか、など思うところもある。
でも、環境が壊れると、平和なんていってられないじゃない?という基本に帰ると、なるほど、とも思う。
そんなときに、またまた本から励ましてもらったわけだ。

とにかく、精一杯やってみよう。
やるだけのことをやって、どう出るか。
21世紀になって、人類は変わっているというではないか。
実際に、周りにもスピリチュアルな人や環境に意識の高い人が増えている。
みんな潜在的には危惧はしているに違いない。
ただ、それにどう自分が関わったらいいのかわからないのかもしれない。
であれば関わっていける方法を示してあげればいいだけなのかもしれない。

そこで
真理の探究をする者として、天と繋がったら、必要な力を与えられると教わった。
今、私がしようとしていることは、まさに天の力なしにはなし得ない。
繋がること、これが私の課題であり、今から着手するプロジェクトに関わることにより、繋がるトレーニングをする、そういう機会をもらっているのだろうか、と思う。

魂の成長 | コメント:0 | トラックバック:0 |

瞑想からの体験

また、更新に一ヵ月以上あけてしまった。。。


この間、私の精神的な部分での、変化、成長はめまぐるしかった。
日々、思うことがコロコロ変わって落ち着かなかったので、あえて、日記に書き留めることもしなかったのだ。

この変化、確実に階段を上がっているようには感じているのだけれども、

毎日着実に一歩一歩というわけでもなく、丘をこえ、谷をわたり、また丘をこえ・・・・という具合に、気持ちのほうは、あがったり、さがったりだった。

ここ1年ほど、瞑想を日課にするようにしていたが、5ヶ月ほど前に、イメージングを伴う瞑想法に変えてみた。
あぐらをかいて、腹式呼吸をゆっくりと30回くらいして、それから頭の中でビジュアライゼーションをするのだ。
これを毎日続けていたのだが、一週間ほど前だろうか、非常に不思議なイメージをみた。

これが、なんとも、文字に表現しにくいのだが、一言でいうと、「すごく丸い。立体的に丸い」という感じ。でも、これじゃあ、きっと何も伝わらないか…。

なんというか、自分自身に対して、ものすごく愛情を感じるというか、「私って、こんなに、存在感のある存在だったんだ」と客観視したというか。
(う~ん、本当にうまく表現できない。)
今まで、こんな風に自分のことを第三者的に見たことも感じたこともない感覚だった。
でも、とてもあたたかくて、心地よくて、もっと感じていたいと思った。あの感覚で世の中を見たら、私はきっといつでも幸せで不安がないな、と思った。
その体験は、ほんの一瞬のことで、そのあと、また同じ映像を見ようと試みたが、全然ダメ、だった。

今日また、瞑想をしていたら、あの時と似た感覚の映像を見た。
でも、今回は、私一人ではなく、ある人と一緒にいるイメージだったんだけど、その中で、私とその人は繋がっている、というものだった。
どういう風に繋がっているのかというと、これもまた、うまく説明しにくいのだが、
「私はその人で、その人は私」というか、「その人も私も同じ存在」というか、なんとも言えない感覚だったのだ。

この映像もほんの一瞬のものだった。

そして、その後、ぶぁーっと訳もなく涙が出てきた。



…… でも、この映像を見たときに、私は悟ったんだ。

「ネガティブなものなんて、何もない」
「自分がそうしよう、と決心したら、そうなる」
「それがならないときは、自分が不安や恐れでストップをかけている」
「守られているから、何も心配することはない」

こういう感覚がバババッと走った。
そうしたら、すごく落ち着いた気持ちになった。
私が何をやりたいのか、どう生きたいのか、何を目指したいのか、かなり紐解けた感じもした。

一年前、エソテリック・ティーチングの講義で、ハリーさんが、
「神と一度繋がったら、絶対に離れることはない。
一度繋がったら、雷に打たれたようになる」
といっていた。

雷に打たれた感じではなかったけれども、
あの感覚、あの感覚は、忘れられない。
もう一度経験したい。

そんな感じの近況でした。
また、新しく何か気づいたりしたら、ここで書いていきます。


ここのところ、
本当にいろんな人にお世話になっています。
この場を借りて、改めてお礼をいいます。

いつも突然の電話や私のアップダウンな気持ちを聞いてくれるYさん。
どうもありがとうございます。Yさんのおかげで、どれだけ、私が窮地から救われてきたことか、励ましてもらっていることか、はかり知れません。

ここのところ、毎週のように遠隔ヒーリングをしてくれたSちゃん。
本当にありがとう。私のために十分な時間をかけてくれて、私の不安や疑問に思っていることにも丁寧に耳を傾けてくれて。Sちゃんのおかげで、ネガティブの対峙の仕方がわかりました。もう、ネガティブのことは、そんなに怖くありません。
そして、上記のような体験ができるようになったのも、Sちゃんの遠隔がきいているのではないかと思います。

私のエソテリック・ティーチングのリーダーであるTさん。ありがとうございます。
これまでサークルで学んできたことが、いつでも私の頭の片隅にあって、どんなに凹んだり、迷ったりすることがあっても、なんとか道を見つけ出して少しずつでも前に進もうという気持ちになっているのは、これまでのサークルでの学びがあったからこそです。

そして、いつも私の周りにいてくれる人たち、私のことを見守ってくれている存在たちがいてこその、
今の私だと思います。

本当にありがとうございます、という感謝の気持ちを捧げます。

魂の成長 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。