七つの海を渡って

落ち込むことがあっても、前向きにエネルギッシュに生きていきたいものです。そして、それを世の中の多くの人たちに伝播していければ…そんな思いを込めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

体調とヤル気の関係

走ることを習慣づけてから、やたらと自分の体との関係が密になっている感じがする。
特に最近、頻繁に感じることが、排泄の大切さだ。この排泄とは純粋に食べたものが、胃腸を通って、おトイレにましますまでを指すのだが、実は、私はトイレが異常に近い。特に水分を入れると、ポンプのようにすぐに出る。仕事中にPCの傍にお水なんて置こうものなら、あっという間に飲んでしまい、5分もしないうちにもよおす。なので、トイレが近くて、仕事中に集中できなくって、「ん、もう・・・」と思いながら、立ち上がったりする。

でも、こないだ、この話をある内科医にしたところ、「おトイレが近いというのは、新陳代謝が良いということなので、実は健康なサインなんですよ」と言われて、良い気分になって帰ってきた。
果たして、先生が私を困らせないために、良いことをおっしゃってくれたのかもしれないが、確かに、「出ない人」に比べると、「出る人」の方が循環はしているわけだから良いのだろう。

下痢と便秘ではどちらがいいか、というのにも下痢は体が悪いものに反射して、体外から悪いものを出そうとしている状態、なのに対して、便秘は排泄が詰まって、毒素が体中を駆け巡る状態なのだから、下痢のほうがまだましということらしい。

この間、「アメトーーーク」という番組で「おなかぴーぴー芸人(略してOPP芸人)」というのをやっていた。
「OPP」に対して「便秘芸人(BP)」というのもいるそうだ。
「くだらないことやってるな」と苦笑しながら見ていたけれど、意外とためになった。
というのは、番組中、男性のお笑い芸人が、「OPP美人を探そう!」という目的で、街行く女性100人に「あなたはOPPですか、それともBPですか」という質問をしていたところ、実に半数以上の女性(確か60-70人)がBPで、OPPは20人にも満たなかったのだ。
世の中、いかに便秘でお困りの女子が多いことかが、ここからでも伺える。

私はどちらかというとOPPだが、普段は「普通」(こういうのはHTとでもいうのだろうか。。。)の状態だ。毎日排泄は出るし、私の可愛い排泄物ちゃんたちは、どこでも躊躇なく出たいときに出てくれる。
しかし、時として、「出たいんだけれど、タイミング悪い」というときがある。
電話中とか、ミーティング中とか、いわゆる「席を外せない」ときだ。
こういうときにタイミングを失ってしまうと、後が大変。なんだかもったり感がつきまとう。

そして、この「もったり感」が非常に怪しいことに、精神にも影響を及ぼす。
精神という言い方は大袈裟としても、そのときやっていること、仕事であれ、趣味であれ、本読みであれ、何であれ、実力を100%出し切れない状態にさせちゃってくれるのだ。
多分、自分としては、パフォーマンス50%くらいに落ちてると思うんだけど・・・。

そこで思った。

体と気持ちの関係って、逆もあるんだ、と。

風邪をひいたり、お腹が痛いときは、気持ちもイマイチ乗らない。それはよくわかるんだけれど、こういう些細な排泄のようなことでも、気持ちと関係しているんだな、と。
だから、世の中、苦虫を噛み潰しているような顔をしている人がいるとすれば、その人たちの幾人かは、本当に、体がどっか100%じゃないから、苦虫を噛み潰しているのかもしんないな、と。

いつも「心と体の関係」といって、気持ちが体調に影響してる、ということには気を配っていたけれど、体調を整えたら、気分が変わるんだよ、ということを、些細なことのように思える排泄から学んだ瞬間なのでした。


スポンサーサイト
健康 | コメント:0 | トラックバック:0 |

音楽と癒しの効果

こんな記事をみつけました。
好きな音楽を聴いていたら、血液の流れがよくなるのだそうです。

2009.05.18 Web posted at: 19:54 JST Updated - CNN サイエンス
「好きな音楽」に血管拡張の作用 米研究者が報告
好きな音楽を聴いて楽しい気分になっている時、私たちの体内ではどんな変化が起きているのか。米メリーランド大医療センターで循環器医学を研究するマイク・ミラー博士によれば、血管が拡張し、血液の流れがよくなる効果が確認された。

ミラー博士らは、高機能の画像機器を使い、音楽を聴いている人の血管の変化を調べた。同博士によれば、本人の好きな曲がかかると「血管の内壁が弛緩して血液が通りやすくなり、心臓を保護する作用のある化学物質も分泌される」ことが分かった。

ただ、それほど好きでない曲になるとこの効果はみられず、血管は収縮し始めた。また、たとえ好きな曲でも何度も繰り返して聞くうちに、効果が薄れる傾向も明らかになったという。

血管は慢性的なストレスなどで硬くなり、その結果高血圧や心臓発作、脳卒中のリスクが高まることが知られている。ストレスには免疫力を低下させたり、老化を速めたりする影響もあるとされる。

それでは逆に、楽しい気分で過ごすことで血管などを健康に保つ方法もあるのではないか。ミラー博士はそう考え、まず「笑い」の効果を研究した。その結果、コメディー映画を見て笑うことにより血管が拡張することが分かった。博士らはこれに続くテーマとして、音楽を選んだという。

音楽でストレスや痛みを和らげる「音楽療法」は、すでに多くの病院で取り入れられている。米スタンフォード大の最近の研究では、うつ病と診断された高齢者らが音楽療法士の訪問で自信を取り戻し、症状が改善した例が報告された。

ミラー博士は「音楽のリラックス効果で老化を遅らせることもできるはず」と、今後の研究に意欲を示している。■

オポノポノを初めて聴いたときがそうだったんだけれど、
「すごくいい曲♪」と
思って、何度か聴いていたら、すごく気持ちがよくなりました。
これって、血流に影響を与えていたんですね。
音楽が脳に与える影響は確かにあると思っていたけれど、それが全身の血流にまで影響しているとは思いもしませんでした。

自分がどういう状態にあっても、そのときに自分が心地よく感じる曲を聴くことができれば、気持ちを変えるだけじゃなく、体の状態をも変えてしまうことができるんですね。


健康 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。