七つの海を渡って

落ち込むことがあっても、前向きにエネルギッシュに生きていきたいものです。そして、それを世の中の多くの人たちに伝播していければ…そんな思いを込めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地球母さん

昨年、長野県小淵沢にある「花の美術館」に行ったのですが、そのときにお会いした館長の水木鈴子さんは素晴らしい方でした。
昔、所沢に住んでいたときには、「所沢のマリア」と言われたほど、献身的に人々を救ったそうです。
その後、長野に移られ、この美術館で、詩画家としての作品を展示しています。
この空間はとても心地よく、何時間でも、何日でも居たいという気持ちにさせられます。

幸運にも多忙で滅多にそこにはいないといわれている水木さんにお会いすることができ、いろんなお話をうかがうことができました。
水木さんは、今、危機的状況にある地球を救うには、ひとりひとりが気づき、助け合い、愛情をかけあうしかない、そのためにも、この詩が一人でも多くの人に伝わってくれればと願っています。
その詩をここに紹介します。

また、水木先生の人となりを知るには、このブログ記事が参考になるかと思います。

心ある救済
http://www.y-asakawa.com/message2009-1/09-message04.htm


<水木鈴子 プロフィール>
◆詩画家: 水木鈴子(みずき・すずこ) (「水木鈴子・花の美術館」館長)花の詩画家。日本の四季に美しく咲く花々の水彩画や詩を作り、全国各地で個展、朗読会、講演会を随時開催している。1996年八ヶ岳南麓「水木鈴子・花の美術館」開館。


「地球母さん」

キラキラの緑豊かな美しい水の惑星・・地球星!その母なる大地は全生命体のすべてを我が子と信じ、限りない無限の愛をわけへだてなく与えて下さり 万象万物が無差別、無所得の愛で生かされています。

地球母さんはどの子もどの子も可愛いく いとほしく 気の遠くなるような年月を重ねて忍耐強く子育てに心を配って下さっています。

生命体をたくさん生んで育てることは地球母さんの誇りであり尊いご使命だからでございましよう。

とりわけ、花たちは気高く、初々しく、決して不平や不満を言わず 地球母さんの美の教えを忠実に守り 母さんの愛を素直に感じ、素直に表現し 地上を美化し、幸福の波動を 全宇宙に向けて放射しているのでございましょう。

 
もし、あなたが生きていくのが辛くなったり疲れた時は、地べたを素足で歩いてごらんなさいな! 

のんびりとねそべって、手足をゆっくりゆっくり のばしてごらんなさいな!あなたの心いっぱいに体一杯に、ジワジワとポカポカと地球母さんの肌のぬくもり(地熱)が伝わってきて 身も心もやさしく包んで下さる母さんの愛を感じて、もう あなたは一人ぼっちの存在ではないことに気付くことでございましょう。

「女性は肉体生命の創造とその生命を豊かな感性でもって護り育てていく大切なお役目がありますよ!」
と私たちに身をもってお教え下さっているように思えます。

私達人間は美しい自然がないと生きていけません。

何百年何千年と姿を変えなかった海や山や川や大地が 私達の世代で大きく姿を変えようとしています。 

干ばつで土地が砂漠化し木を切り倒して山を崩し、すでに世界の熱帯雨林はもう修復がきかない程 破壊されていると言われています。地球母さんの子育てにとって大切な掛け布団代わりの大気は化石燃料の廃棄ガスで汚され、
敷き布団代わりの大地は農薬で汚されております。

また、毎日のように世界のあちらこちらで紛争やテロが起き 貴い命が地上から消えております。 

その上、温暖化や洪水や干ばつによる食糧不足で たくさんの人々が飢えて亡くなっておられます。

地球母さんご自身もやんちゃな子供たちによって体がボロボロになりながらも そんな子供たちの苦しみや悲しさ辛さを肌で感じ 日夜なげき悲しみ泣いておられます。

私達 人間と言う子供たちは すべてを与え生かして下さる地球母さんに対して感謝の心と報恩行を久しく忘れてしまっております。 

私達は便利さや快適さや物質的な豊かさばかりを求め、“大地から生まれて大地に還る”と言う大自然の法則をおかしてしまい、燃えないもの、こわれないもの、くさらないものを地上にたくさん作ってしまいました。

地球母さんの他の子供たち(無数の動物・鳥・魚・植物・花・鉱物)にも多大なご迷惑をお掛けいたしております。 

たくさんの自然を破壊してしまったことを今こそ今こそ真剣に反省し、母さんに心からお詫び申し上げ 一刻も早く大調和の生き方に変えなければなりません。

無条件の愛で生かして下さる母さんに習って、お互いに助け合い 話し合い 許し合い 分かち合い 生かし合って生きていかなければ・・・・  そして 地球母さんが心から喜んで下さるような思いやりの花 いたわりの花を胸一杯咲かせて 母さんと同じようにやさしくたくましく与え続ける おおらかな生き方をしなければなりません。 

それが今までたくさんの たくさんのご無礼をしてしまいました地球母さんへの 心からのお詫びとご恩返しではないかと存じます。

大好きな地球母さんが喜んで下さる 愛と光の花を毎日の思いと行いの中で咲かせていきたいものでございます。

 ありがとうございます

地球母さま         みずき すずこ

スポンサーサイト
スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。