七つの海を渡って

落ち込むことがあっても、前向きにエネルギッシュに生きていきたいものです。そして、それを世の中の多くの人たちに伝播していければ…そんな思いを込めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

動物愛護法改正から見える、日本のアンバランス


今年(2012年)の7月と8月に大きな地震が来るそうです。
残念ながら、私の住んでいる関東圏はどうにもその影響を免れることはできないそうです。
と、あるスピリチュアルな方が言っていました。

しかし、この予言的な話題は今やあちこちからあがっています。

要するに、311で宇宙が日本人に変容を求めるシグナルを出したのに、日本人は変わらなかった。なので、次回はシグナルをもっと大きくする、ということのようです。
つまり揺れなり被害なりが大きくなる災害になってしまうという解釈のようです。

先日、私の知人が「つくばで起こった竜巻も日本人が変わらなかったことに対する警告だと思う」と言っていました。

ここに来て、公私共に人々の思考に対して疑問を感じる出来事、ニュースが頻発しています。

福島はちっとも落ち着いていないし、相変わらず4号機は次に大きな地震がきたら、どうなるかわからない。(現場で働く作業員の方々のおかげで今の私たちがあるのです。)4号機に何かあったら、福島どころか、東京も避難区域になるといってるその最中、福井の大飯原発の再稼働を強行する動き、311の災害に便乗して消費税率をあげて一般市民から搾取しようとする政治家や官僚。減らない天下り。今のこの時期に給与を上げるという東電。

さらに今日知ったこのニュース。
動物愛護法改正案で動物実験に関する項目がごっそりスルーされたそうです。

日本人は命の大切さを忘れてしまったかのように、弱いものを守る法案を片っ端から骨抜きにしています。
そして、311からほんの1年しか経っていない今、この勢いは衰えるどころか、むしろ加速しているようにも思えるのです。

だから大天災が起こるっていう話につながるわけ?それって極端なんじゃないの?

という声もあるでしょう。

そうかもしれませんね。でも、この宇宙はみんな繋がっているのです。弱肉強食は自然界の理ですが、今、私たちが行っていることは、自然界のルールからすれば、違法者です。自然に対する思いやりや配慮が足りなさすぎるのではないでしょうか。



動物愛護法改正で「欧州並み」規制なるか
http://medical-confidential.com/confidential/2012/06/post-410.html

濃霧垂れ込める「動物愛護管理法」改正の帰着点
http://medical-confidential.com/confidential/2011/09/post-291.html


<動物愛護団体 ALIVE より>

 既に報道もされている通り、5月31日の民主党動物愛護対策ワーキングチームで、最終的な動物愛護法改正案骨子が公開され、その場で了承となりました。

結論として、与党案には実験動物に係わる改正は一切含まれませんでした。
別法化案についても採用されないかわりに、動物実験の3Rの義務化も含めた全てが入らないことになりました。

この信じがたい展開の経緯については、本日発売の「AERA」6.11号に「削除された『幻の改正案』~医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗」
という記事が出ましたので、皆様、是非ごらんください。

一連の顛末について、非常に正確に書かれた秀逸な記事だと思います。
「AERA」のサイトの「Nice!ボタン」で記事に対する評価を表明することができるので、皆様、ぜひワンクリックをお願いします。
http://www.aera-net.jp/latest/

また、多くのマスメディアが無視を決め込むこの問題について、記事を掲載した「AERA」の姿勢を支持する意見も是非お送りください。
http://www.aera-net.jp/latest/#form

ちなみに、この記事で紹介されている医系議員の発言の数々です。

「正気の沙汰とは思えない。国家戦略を阻害し、雇用も減る。
テロリストが施設の構造などの情報を手にすれば大変なことになる。」
(吉田統彦衆院議員)

「実験動物の関係者からは、懸念が出ている。別法で対処して
ほしいという声も理解してくれないか」
(岡本充功衆院議員)

「『動物実験』と『実験動物』とを明確に分けることはできない。
実験が止まってしまう。」
(足立信也衆院議員)

また、動物愛護法改正については、医師などを中心とした病院経営者向けの月刊誌『集中』でもとりあげられました。
医師の世界でも、潮流が変わっていくことを願ってやみません。

「動物愛護法改正で『欧州並み』規制なるか」(6月1日発売号)
http://medical-confidential.com/confidential/2012/06/post-410.html

動物愛護法改正案は、今週、WTの親会である環境部門会議での合意を経たのち、政策調査会役員会の了承を経て法案登録の手続きに入ります。
また、条文化をすすめながら与野党協議にも入っていくとのことです。

実験動物については、国会会期末をにらんたスケジュールにも押された形となりましたが、与党内の「抵抗勢力」が強かったことが
「改正一切なし」となった何よりの原因です。

動物実験/実験動物をめぐる国際情勢を考えたときにも、「一切改正なし」とすることが先進国としてどれだけ恥ずかしいか、
ぜひ皆様からも伝えてください。

【民主党】

櫻井 充
医師 党政調会長代理(参議院・宮城県)
Mail:mitsuru_sakurai@sangiin.go.jp
Fax:03-6551-0512

三井辨雄
薬剤師 党政調会長代理(衆議院・北海道2区)
Mail(送信フォーム):https://secure.vanguard.ne.jp/mitsui/ssl/contact.html
Fax:03-3508-3705

吉田統彦
医師 科学技術・イノベーション推進特別委員会理事(衆議院・比例東海ブロック)
Mail:info@yoshitsune-kai.jp
Fax:03-3508-3425

スポンサーサイト
魂の成長 | コメント:2 | トラックバック:1 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。